FC2ブログ

変成シリコンノンブリードLM

変成シリコンノンブリードLMを塗装する場合お奨めすることが多いのですが、「1液のコーキングで窯業系サイディング剤のコーキングで何を使えばいいのでしょうか」というお問合せをよくいただきます。変成シリコンには通常の『変成シリコン』のほかに『変成シリコンノンブリードLM』、サイディングの色にあわせて色数の多い『ボンドSRシールS70』、乾きの速い『変成シリコンQ(クイック)』、『変成シリコンNBクイック』(NB=ノンブリード 塗装したときに汚れが浮き出てこない)などがあります。長くなりましたが変成シリコンノンブリードLM
1.速硬化で冬場の翌日塗装も可能。(温度5℃の場合、約16時間後に可能です。)
2.先打ちシールとの密着性が良好。
3.塗料との密着性がよい。
などの特長から評価されているようです。

接着剤で悩んだ時に

接着剤で一番よくいただくお問い合わせで、どんな素材か分からないが接着したい。または、難しい素材に何で接着したらいいのかわからないというお問い合わせをよくいただきます。
そのときに試していただきたいのが、
多様途型接着剤『セメダイン スーパーX』、『コニシボンド ウルトラ多様途SU』または、2液弾力性エポキシ『コニシ ボンド MOS-8』,『セメダイン EP-001』をお試し下さい。これらの接着剤で接着が難しいようでしたらほぼ接着ができません。
(ポリプロピレン、ポリエチレン、フッ素樹脂、テフロン加工の素材は接着できませんが。)
一度接着剤で悩んだときににお試し下さい。